ベイプの22㎜のアトマイザーおすすめ5選!!使いやすい合わせやすい

ベイプの22㎜のアトマイザーおすすめ5選!!使いやすい合わせやすい

ベイプを使っているとリキッドを変えるときにアトマイザーを洗浄するのが本当に面倒になりますよね。

いくつかのアトマイザーをリキッドの味ごとに分けておけば多少は楽になります。そこで、幅が22㎜のアトマイザーのおすすめを紹介します。

22㎜のアトマイザーならわりとどんなMODにも合わせやすいので、いくつか持っていると洗浄の手間が省けてそのまま付け替えるだけで済みます。

22㎜のアトマイザーを探していた方はぜひ参考にしてみてください。ここではコイルユニット式のアトマイザーばかりを集めています。

22㎜のアトマイザーおすすめ

クリアロ Aspire Revvo Mini Tank

Aspireが開発したフラットノッチコイルARC(Aspire Radial Coil)を採用した最新のアトマイザーです。ストーヴトップというコイルでタンクにフタをする構造になっており、自分でコイルを作るRBAを凌駕する濃厚な煙と味を楽しめます。一般的なクリアロマイザーの快適さや手軽さと味の良さを兼ね備えていて、しかもタンクを開ける事なくリキッド注入が可能なので手も全く汚れません。また高出力のわりに熱くなりにくく、構造上スピットバックも起こらない安定のアスパイアです。通常のRevvo Tankより抵抗値の高いコイルを採用しており、サイズも一般的な22mm径なので、人気のiStick PicoなどコンパクトなMODでも相性はバッチリです。

 

【Eleaf】 MELO 3 mini アトマイザー

Eleafの人気アトマイザーで、0.3Ω、0.5Ωのコイルが付属で、爆煙にも味重視にも対応しています。2mlと4mlのタンクに変換が可能で、本体上部からリキッド補充が可能で手も汚れないのが嬉しい設計になっています。カラフルなOリング付属で見た目も楽しめるデザイン性にも富んだイーリーフの22㎜のアトマイザーです。エアーフローも調整できて、空気穴からのリキッド漏れは少ないアトマイザーです。

 

kangertech CLTANK 4.0ml

kanger Tech製・新アトマイザーCL TANK(シーエルタンク)大容量のこちらはリキッド容量4.0mlタイプです。上からリキッドが入れられるトップフィル、コイルヘッドが上部に付き、まるでコップのようになった液漏れしない斬新な構造になっています。立てて置いておけば物理的に100%液漏れしません。SS、Niコイルが付属してあり、通常のW出力でも温度管理でも使用可能です。ガラス製なのでメンソール系のリキッドでも問題なく使用できます。

 

INNOKIN – iSub APEX miniTank

0.5Ωのコイルがセット済みなので、味と煙を両立して楽しめます。トップフィル構造により手を汚さずリキッドチャージが可能です。ミスト温度が極力下がる設計で温度管理でなくても味をより引き立ててくれます。リキッド漏れ防止の二重構造のタンクで、別売りのコイルをセッティングで温度管理や爆煙にも対応したマルチなイノキンのアトマイザーです。

 

Aspire (アスパイア) Cleito Tank

コイルから直に煙が上がってくる新構造で(チャンバーレス)、超濃厚かつ爆煙を超える煙量を体験できます。他のアトマイザーを使用して満足できなかった方は是非お試してほしいアトマイザーですね。過剰供給防止システムで液漏れにも強く、クラプトンコイル導入で超濃厚な味を楽しめます。VAPEバンド付きで熱をタンクの熱を逃がしてくれるので上手く使うことも可能になりました。

 

Aspire Nautilus2 Tank 2ml

味わい重視のアトマイザーとして、今でも大人気のノーチラスシリーズから、Nautilus 2がリリースとなりましたね。近代的なフォルムへのイメージチェンジに加え、0.7ohmのサブオーム仕様への変更により、18w~23wの設定で味重視型のアトマイザーとして活躍してくれます。スペアーコイルには、1.8ohmが同梱されていますので、吸ってみたいリキッドのフレーバーに応じての設定変更が可能です。コイルユニットは、従来型のノーチラスシリーズと共通で使えます。

 

Joyetech CUBIS 2 Atomizer

コイルの取り付け位置を今までのモデルと逆にするというユニークな発送で大ヒットしたCUBISのアトマイザーです。CUBISに比べて少し短くなりつつも、キャップの先だけを取り外してリキッドの補充ができるトップフィル構造がついています。ノッチコイルなどの最新コイルも標準付属するので使い方の幅が広がりました。アトマイザーベースに逆さまに取り付けることができる新機構のコイルで、空気の取り込み口を上部へ移動しつつタンク下部には穴が一切ない液漏れ防止構造を実現しているアトマイザーです。

 

22㎜のおすすめアトマイザーまとめ

ここでは幅のサイズが22㎜のアトマイザーばかりを紹介しました。アトマイザーは見ているだけで使ってみたくなり、どんな特長を持っているのか楽しみなりますよね。

ベイプを長く使っているほど、アトマイザーの数も増えて、リキッドの味ごとに置いておけるようになると本当に便利で楽ちんです。

アトマイザーカテゴリの最新記事