ベイプのAIOおすすめ5選!!一体型で面倒な操作が必要ない!!

ベイプのAIOおすすめ5選!!一体型で面倒な操作が必要ない!!

ベイプの初心者さんなんかは特に、どのベイプから始めればよいのか悩むと思います。

ベイプのことを調べていると、いろいろと操作が難しそうでベイプ自体を吸うのを止めようかとも考える人もいますからね。

そこで、ベイプのAIOという操作が簡単なタイプの紹介です。すごくシンプルな構造で、どのベイプから始めようかと迷っている人には本当におすすめのベイプで、メリットとデメリットの両方をしっかりと紹介しますね。

AIOエーアイオーという単語を聞いたことある人で、何のことか分からないという人もぜひ参考にしてみてください。

ベイプのAIOとは?

ベイプのAIO

ベイプのAIOとはAll In Oneオールインワンの略称で、アトマイザーと本体が一体になっているベイプのことを言います。

AIOでは難しい操作はなくアトマイザーにコイルを装着して、リキッドを入れればすぐに吸うことができるベイプの中でも最も簡単なタイプです。

メリットはベイプ本体のことやアトマイザーのことを全く知らなくても使え、ボタン1つで操作できる非常にシンプルなベイプ。

価格帯も普通のベイプと比べると安く、シンプルな構造のため変な不具合がなく、リキッド漏れもないのが大きな特徴です。

デメリットはアトマイザーが取り外せないために、味の違うリキッドを吸うときにはアトマイザーの洗浄がしっかりとできず、前のリキッドの味が少し残ってしまう点です。

 

ベイプAIOのおすすめ

Aspire PockeX AIO ポケックス

JOYETECHの「EGO AIO」に対抗した感じの製品ですが、後出しだけあってAIOの欠点「洗浄がしづらい」という部分を解消した、さすがはアスパイア社という一品です。デザイン的にもAIOよりさらにスタイリッシュになっており非常にカッコよくカラーバリエーションもAIOよりも大人っぽく洗練されていますね。

バッテリー容量も大きく、「これからVAPEを始めたい」という方々にはピッタリのベイプで、現在あるブランドのAIOの中でも1番の爆煙が楽しめるAIOとなっています。

 

AOKEY TORPEDO

圧倒的な吸い心地のAIOのベイプです。コイルは1.0Ω/0.6Ωを使用して、100%日本製のオーガニックコットンを採用し、底部にメッキ処理をすることで純粋な味を実現させていますね。価格も非常に安く、絶対に満足のいくベイプ生活をお約束してくれる現在人気のベイプです。

 

E-BOSSVAPE VAPE ONE

圧倒的な爆煙を楽しめると評判の40w出力を伴う来だの驚きの煙量のベイプです。だれでも超爆煙が安心して楽しめるの電子タバコ 、絶対に満足のベイプ生活を差し上げます。現在人気が急上昇中の電子タバコですね。

AIOと言いながらもしっかりとアトマイザーが取り外せる使用になっているので、リキッドの残りも綺麗に洗浄することができます。

 

Aspire Breeze 2 AIO

3mlPODなので昼休みに補充すると1日使えます。四六時中持ち歩くのに最適なデバイスです。コイルは1.0Ωがお勧めでアスパイアらしいリキッドの味をしっかりと感じられます。0.6Ωだと爆ぜるのとバッテリーの持ちが格段に悪くなるのが難点で、それ以外には何も問題のないAIOのベイプです。

スティックタイプのベイプが嫌だけどAIOを使いたいという方におすすめのAIOのベイプとなっています。

 

Joyetech eGo AIO

大きな電子タバコが苦手な方もすんなりなじむことができる片手に収まるコンパクトサイズです。クリックのみのシンプルな操作で、初心者からヘビーユーザーまでが十分満足できる蒸気量を出すことが出来ます。

従来のアトマイザーヘッドとは反対の構造になるBFコイルで使用してエアフローを上部に設計したことで煩わしい液漏れを解消しました。 更にスパイラル(らせん)構造のマウスピースでリキッドが口に入ることを防ぐことが出来ます。マウスピースは2種類付属していますのでお好みでかえることもできます。

アトマイザーカテゴリの最新記事