ベイプの液漏れしないアトマイザーのおすすめと漏れる原因を解説

ベイプの液漏れしないアトマイザーのおすすめと漏れる原因を解説

ベイプを吸っているとどうしてもアトマイザーからのリキッド漏れに悩まされると思います。ベイプ使用者には永遠の課題とも言えるでしょう。

アトマイザーからリキッドが漏れるのには原因があって、漏れにくくすることも十分に可能です。そこで、どうしてリキッド漏れが起こってしまうのか、漏れなくするにはどうしたら良いのかを解説しますね。

そして最後には液漏れしないアトマイザーのおすすめも紹介します。アトマイザーからのリキッド漏れに悩まされている方はぜひ参考にしてみてください。

アトマイザーからリキッドが漏れる原因

アトマイザーからリキッド漏れが起こる原因は、主に空気を調整するエアフロー部分からの場合がほとんどです。

一度リキッドを注入して実際に吸っているときは、アトマイザー内部に圧力がかかっているので、吸っている間はエアーフローから液漏れすることはありません。

しばらく置いて時間がたっていてリキッドが漏れていた経験はないでしょうか。この圧力の変化がそうさせているんです。

ですが、リキッドを継ぎ足すときにキャップを開け、アトマイザー内部の空気量や圧力が変わることで、そこからリキッドが少しづつ漏れてしまうんです。

この原因はアトマイザーの構造上しかたのないことで、絶対に漏れないアトマイザーは存在しないんです。

他にもOリングの劣化や方向が間違っていて、隙間ができ、そこから液漏れすることも考えられます。

他にもアトマイザーからリキッドが漏れる原因はありますが、専門的なことで難しい話になるので、リキッド漏れを最大限に抑える解決策を紹介しますね。

以下のことを守ってアトマイザーを使用していれば、ほとんどの場合でアトマイザーからの液漏れを防ぐことが十分に可能です。

 

液漏れを防ぐ対策

  • コイルの推奨W数内で使用する
  • DL用のアトマイザーをDL(タバコ吸い)で使用しない(圧がかからないため)
  • 何回もリキッドを継ぎ足すのをやめる(なるべく使い切ってから)
  • ジュースコントロール機能付きアトマイザーはシャッターを閉じた状態でリキッドをチャージする
  • コイルベースとコイルの接合部を少し強めに締め込む
  • 多く漏れる場合コイルを予備コイルへ交換してみる
  • リキッドをVG比率の高い物に変更してみる

以上のことを意識してアトマイザーを使用すれば、大抵ならリキッド漏れは収まるはずです。

多くの方が何回もリキッドを継ぎ足したり、コイルの締めが弱い場合が多いです。コイルを新しく変えるのも1つの方法で、新しいコイルだとリキッドの吸収力が良く、漏れを防いでくれます。

 

液漏れしないおすすめのアトマイザー

 

 

 

アトマイザーカテゴリの最新記事