ベイプの爆煙が楽しめるアトマイザーおすすめ5選!!モクモクっと

ベイプの爆煙が楽しめるアトマイザーおすすめ5選!!モクモクっと

ベイプを吸うとなるとやっぱり煙が多い爆煙を楽しみたいですよね。煙が多いとものすごく吸った気になって吸っていても楽しいものです。

そこで、爆煙が楽しめるアトマイザーを厳選して紹介します。爆煙のアトマイザーを探している方はぜひ参考にしてみてください。

ただ、爆煙になるとRBAのアトマイザーが最も爆煙が楽しめますが、ここではコイルユニット式のアトマイザーのみを集めてみました。

爆煙になると当然リキッドの消費量も増すのでコスパが悪く、リキッドの継ぎ足しとコイル交換が頻繁に必要になりますので、ご了承ください。

爆煙のアトマイザーとは

爆煙のアトマイザーといってもベイプに慣れていない人は、どこを基準に選べばいいのか難しいですよね。選ぶ基準としてはコイルの抵抗値が1Ω以下のアトマイザーを選ぶとよいでしょう。

一般的には0,2Ω~0,5Ωくらいを目安に選ぶのがおすすめで、爆煙だとリキッド消費量も大きくなるので、リキッドの継ぎ足しが面倒な方はタンク容量が大きいアトマイザーを選ぶとよいでしょう。

他にはメンソール系のリキッドをメインに吸いたいという方は、ガラス素材を使用しているアトマイザーが良いです。メンソール系のリキッドではタンクを溶かすことがあるので、ガラス素材では問題なく美味しくリキッドの味を楽しむことができます。

 

INNOKIN イノキン iSub APEX mini TANK

アトマイザーの幅:22㎜

あのAPEX TANKに2mlタンクバージョンが登場ですね。イノキンの中でも大人気APEXシリーズより、小型の2mlタンクバージョンです。液漏れしない構造になっていてトップリフィルで、初心者にもオススメ爆煙アトマイザーです。0.5Ωのコイルがセット済みなので、味と煙を両立して楽しめます。トップフィルにより手を汚さずリキッドチャージできるのと爆煙なのに味も良いおすすめのアトマイザーです。

 

Aspire Triton2 トリトン後継アップグレードモデル

アトマイザーの幅:22,5㎜

トリトンのアップグレードモデルのTriton2です。サブオームコイルを使った次世代タンクシステムでリビルダブルアトマイザー同等の性能の味や爆煙を手軽に楽しめます。タンクの容量も3mlと大きめでアスパイアというブランド力が好きなアトマイザーですね。このアトマイザーはチタンのコイルでもけっこうな煙の量を楽しむことができます。

 

Joyetech CUBIS PRO Atomizer

アトマイザーの幅:22㎜

Joyetech CUBIS Pro Atomizerはタンク容量が4mlで大きく、革新的でリキッド漏れに強いカップデザインが採用されています。コイルの交換やジュースの充填はキャップの上部を外すことで可能なのがポイント。 気流制御もリムーバブルトップタンクアセンブリに含まれているため、リークやコイルフラッディングの可能性が大幅に低下します。0,25Ωのコイル使用で本当の爆煙が楽しめるアトマイザーです。

 

Aspire Cleito サブΩ アトマイザー

アトマイザーの幅:22㎜

サブオームコイルを使った次世代タンクシステムでリビルダブルアトマイザーにも負けない性能や爆煙を手軽に楽しめます。ドリップチップにはデルリン製のワイドボアドリップチップを採用。510タイプのドリップチップの取り付けも可能です。このアトマイザーはアイスティックピコとの相性がすごくよくて、爆煙で部屋の中が真っ白になります。ただ燃費は悪いです。

 

【Eleaf】 MELO 3 mini アトマイザー

アトマイザーの幅:22㎜

小型+高性能で評判のiStickシリーズと同じEleaf製のアトマイザーです。最新のiStickPICOとセットで販売されているいわば”PICO純正”アトマイザーです。リキッド漏れの評判もありますが、8割くらいでリキッドを入れると漏れることは絶対にありえません。エアーフローも調整できる良質な爆煙のアトマイザーです。0,15Ωのコイル使用でめっちゃ楽しく爆煙が楽しめるアトマイザーです。

 

まとめ

やっぱり本当の爆煙アトマイザーといえばRBAのアトマイザーが1番ですが、コイルユニット式でも十分に楽しむことができます。

タンクの大きさや幅、すでに持っているMODにあったデザインや格好のものを選びたいですね。ベイプのアトマイザー選びは本当に楽しいものです。爆煙で楽しいベイプライフを送りましょう。

アトマイザーカテゴリの最新記事