ベイプのアトマイザー総まとめ!!

ベイプのアトマイザーとは「一体何」という方向けにこのページを読めば、アトマイザーの全てがわかるようになっています。

これからベイプを始めようと考えている方や、アトマイザーとは一体何なのかと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

ベイプのアトマイザーとは

ベイプに使用するアトマイザーとは、簡単に説明するとリキッドを気化させる装置のことで全てのベイプに絶対についているパーツの1つです。

このアトマイザーによって煙の量やリキッドの味の感じ方に大きく影響が出てきます。

アトマイザーの主な役割として「リキッドの加熱」・「リキッドの供給」・「エアフローの調節」があげられます。

ベイプを使用する際に最も重要なパーツとされ、ベイプの上級者ともなると、いくつものアトマイザーを使いまわしているんです。

このアトマイザーを正しく使用することで、リキッドの味をダイレクトに美味しく吸えたり、煙の量を上手く調整することができます。

なのでベイプを美味しく吸いたい場合には、質の良いアトマイザーを選ぶことが第1条件になります。

 

アトマイザーの種類

アトマイザーの種類には大きさや仕様が様々で、本当に数多くの種類のアトマイザーが存在します。

一般的に使われているアトマイザーの種類は、コイルユニット付きのアトマイザーと手巻き式のアトマイザーと呼ばれる2種類で、多くの方がコイルユニット付きアトマイザーを使用しているのが現状ですね。

わかりやすく説明するとコイルユニット式アトマイザーは、使い方が非常に簡単で、初心者の方でも構造を理解していなくても使用できるアトマイザーです。

一方の手巻き式のアトマイザーは、自分でコイルを巻きコットンも詰めたりと、ベイプ上級者などの知識を持った方が使用するアトマイザーで、多少の危険も生じることもあります。

海外では手巻き式のアトマイザーの方が圧倒的に多く、煙の量が圧倒的に多く、リキッドの味もコイルユニット付きのアトマイザーと比べると天と地ほどの差があるくらい味が良いとされています。

 

コイルユニット式アトマイザー

現在の日本で販売されているほとんどのアトマイザーが、このコイルユニット付きのアトマイザーで、初心者の方でも安心して使用することができます。

 

 

手巻き式アトマイザー

ベイプを長く使用しているとリキッドの味に満足できなくなり、もっと味の良いものを吸いたいとか、煙をもっと楽しみたいと思ってくるようになります。

すると、この手巻き式アトマイザーに移行していき、自分の好みでコイルを巻いたりカスタムしてオンリーワンのアトマイザーへとなるんですね。

手巻き式のアトマイザーにも種類があり、RDAと呼ばれるアトマイザーとRTAという2種類のアトマイザーがあり、1つ1つ説明します。

 

RDAアトマイザー

RDAとは「リビルダブル・ドリッピング・アトマイザー」の略称で、直ドリップのアトマイザーやドリッパーに使用する手巻き式アトマイザーをRDAといいます。

もとからあるメーカーの既製品ではなく、自分でコイルを巻きウィックを通して使用するタイプのアトマイザーで、メーカー品と交換する必要がなく、必要に応じて自作することができるのでコスパが非常に良いのが特徴です。

 

RTAアトマイザー

RTAとは「リビルダブル・タンク・アトマイザー」の略称で、タンク式のアトマイザーに使用することができる手巻き式アトマイザーをRTAといいます。

自分でコイルを巻いてメーカー既製品のようなコイルユニットを作って使用します。メーカーが販売しているアトマイザーによっては、すぐに使用することができるコイルユニットの他に、RTA用のユニットが付属されているものがあるので、初心者の方でもわりと気軽に挑戦できる手巻き式です。

 

 

アトマイザーの選び方

アトマイザーの上手な選び方として、ベイプをどのように吸いたいかという目的で選び方は大きく変わってきます。

すでにベイプMODを持っている方なら、そのMODにあったサイズや相性があるので、サイズ別で選ぶことやブランドやメーカーによっての相性で選ぶことになります。

他にもリキッドの味をしっかりと感じたい方だと、味を重視したアトマイザーでなければなりません。

とにかく煙の多い方が良いという方は、コイルの抵抗値を考えて爆煙仕様のアトマイザーを選ぶと良いでしょう。

このようにアトマイザーの選び方といっても一概にこれが良いアトマイザーです。とは言えないんです。

ちゃんとした目的に合ったアトマイザーを選ぶことで、上手に失敗しないアトマイザーを使用することができます。

選び方を知る前に自分の目的をしっかりと確認しましょう。

 

アトマイザーおすすめ

ここまで説明してきたことを踏まえて実際に人気のあるおすすめのアトマイザーを紹介します。