スポンサードリンク

ジョイテックのアトマイザーおすすめ5選!煙の質が違う!!

電子タバコを吸う上でアトマイザーで煙の量や濃さ、リキッドの味の伝わり方が変ってきます。

そんな大事なパーツのジョイテック(Joyetech)の人気のアトマイザーを紹介します。

ジョイテックのアトマイザーの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

ジョイテックおすすめアトマイザー5選!

ジョイテック アトマイザー「Joyetech CUBIC PRO」

  • コイル抵抗値:0,5Ω
  • タンク容量:4ml

ジョイテックのアトマイザーの中でも1番人気で、上部に吸気量調整リングが付いた使いやすいアトマイザーです。デザインも渋い感じがして使ってみたくなりますね。

 

ジョイテック アトマイザー「joyetech Delta 2」

  • コイル抵抗値:0,5Ω
  • タンク容量:3,5ml

この高級感のあるデザインが人気で気に入っています。ドリップチップを耐熱性のプラスチックで加工してあるため、吸ったときに熱くはなりません。高級感のあるルックスが人気を呼んでいます。

 

ジョイテック アトマイザー「Joyetech CUBIS2」

  • コイル抵抗値:0,6Ω
  • タンク容量:3,5ml

あまり使っている方を見かけたことがないジョイテックのアトマイザーで、もし使っていたら注目されること間違いなし。ずっしりとした見た目でリキッドの残量も見やすく使いやすそうです。

 

ジョイテック アトマイザー「Joyetech ProCore Aries」

  • コイル抵抗値:0,25Ω
  • タンク容量:4ml

25mmの大きめのアトマイザーで煙の量も爆煙が楽しめて、リキッドの味もしっかりと感じられる良品です。リキッド漏れもなくジョイテックの中でも1,2を争う良品ですね。

 

ジョイテック アトマイザー「Joyetech Unimax22」

  • コイル抵抗値:0,5Ω
  • タンク容量:2ml

最新の新しいアトマイザーでトップフィル構造で使いやすく、リキッド漏れもありません。新規格のカンタルコイルを使用しているため、味も煙の量もどちらも楽しめる仕上がりです。

 

ジョイテック アトマイザー「Joyetech ULTIMO Atomizer」

  • コイル抵抗値:0,25Ω、0,5Ω
  • タンク容量:4ml

トップフィル構造とエアーフローシステムが新しく改良された新アトマイザーでリキッド漏れはなく、爆煙が楽しめます。トップフィル構造が良いのは手を汚さずにリキッド補充できることですね。

 

ジョイテック アトマイザー「Joyetech UNIMAX25」

  • コイル抵抗値:0,5Ω
  • タンク容量:5ml

ユニマックスシリーズの直径が25mmのアトマイザーで非常に味が良いと、多くの方が高評価をしています。ただ25mmに合うベイプを持っていないといけません。

 

ジョイテック アトマイザーのまとめ

アトマイザーを購入の際は時分が使っている本体のサイズやデザインと照らし合わせて購入されることをおすすめします。

アトマイザーを見ているだけでも楽しくなるのは、電子タバコを吸う1つの醍醐味ではないでしょうか。

ジョイテックは中国で2007年に立ち上がった電子タバコのメーカーで、電子タバコ愛用者なら誰でも知っているメーカーですね。

初期のジョイテックの電子タバコはどこか物足りないデザインが多かったように思えますが、最近のジョイテックは一味変わってきたと思います。

電子タバコの主流であるeGoの先駆者メーカーであり、独自の品質管理は他の電子タバコメーカーからも一目置かれる存在です。

スポンサードリンク