スポンサードリンク

電子タバコのフィリップモリスiQosは一体どんなものなの!?

最近良く見かけるフィリップモリスの電子タバコiQosですが、一体どんなものか気になりませんか。

そこで同じ種類の電子タバコ「Ploomtechプルームテック」や「Gloグロー」と比較しながら説明します。

電子タバコのフィリップモリスの購入を考えている方の少しでも参考になれば幸いです。

電子タバコ「フィリップモリスiQos」とは!?

フィリップモリスの電子タバコiQosとは、専用のタバコのカートリッジを差し込んで吸う火を使わないタバコのことです。

火を使わずに熱で加熱して吸うので、タール(ヤニ)を発生させることなく、ニコチンだけを摂取できるものですね。

火を使わないのでタバコの嫌な臭いが発生することなく、煙も非常に少なく周りの迷惑にはなりません。

電子タバコのフィリップモリスiQosの本体は10,000円で購入することができ、専用のカートリッジは普通のタバコと変わらず1箱460円です。

普通のタバコに比べてタール(ヤニ)を体に取り入れないため、健康被害はぐっと少なくなります。

タバコ特有のにおいがないのもこの電子タバコの良い点ですね。

 

電子タバコ フィリップモリスiQosとグローとの違いは!?

電子タバコのフィリップモリスと最近新しく発売された「glo」との違いは、ほとんど同じスペックですね。

「glo」の方が本体代も少し安く、健康被害がフィリップモリスiQosよりも少ないといわれていますが、定かではありません。

「glo」も電子タバコ フィリップモリスと変わらず、火を使わずに熱で加熱するタイプの電子タバコですね。

大きな違いは電子タバコ フィリップモリスは1本吸ってしまうと、充電が必要になりますが「glo」の場合は一回の充電で30本ほど吸えちゃいます。

iQosでは一本ごとに充電する必要があったのが「glo」では充電の必要がありません。

「glo」の専用のカートリッジも1箱460円と普通のタバコとコストはかわりませんね。

 

電子タバコ フィリップモリスとプルームテックの違いは!?

電子タバコの「プルームテック」と「フィリップモリスiQos」では大きな違いがあります。

プルームテックは熱でグリセリンを水蒸気に変え、その煙をカートリッジ内の粉上のタバコの葉を通してから吸うものです。

簡単にいうとプルームテックの方がフィリップモリスiQosに比べて、電子タバコに近いですね。

そして一回の充電で普通のタバコ20本分のカートリッジを吸うことができる優れものです。

しかもプルームテックは本体代が非常に安く初期費用をぐっと抑えられます。

 

電子タバコ「フィリップモリスiQos」のまとめ

電子タバコ「フィリップモリスiQos」と「プルームテック」「グロー」を比較してみましたが、参考になったでしょうか。

アマゾンの口コミを見てみると、1番タバコを吸った気になれるのは「フィリップモリスiQos」で次に「glo」で1番吸った気になれないのが「プルームテック」という結果でした。

自分が1日に電子タバコをどれくらい吸うのかを考えて、それに合ったものを選ぶ必要がありますね。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク