電子タバコの漏れないmodの紹介と漏れる原因とは!?

電子タバコえお使っているとmodによってはリキッドが漏れてきたりという話を良く聞きますね。

そこで漏れないmodの紹介と、リキッドが漏れる原因について書いてみたいと思います。

漏れない電子タバコを探している方の少しでも参考になれば幸いです。

漏れるmodと漏れない電子タバコの違いは!?

リキッドがmodから漏れてくるのはいろんな原因がありますが、実は正しい使い方を守って使用していれば電子タバコからリキッドが漏れてくることはありません。

空気調整の穴から漏れてきたり、アトマイザーのパッキンがしっかりと締まっていなかったりしますね。

空気調整の穴からリキッドが漏れてくる場合は、少し電圧を上げてやると全く漏れなくなったりします。

原因としては閉めるところはしっかり締めて、使用するようにすれば大抵の電子タバコは漏れない仕組みに作られています。

アトマイザーを外したり、リキッドを入れたあとはしっかりと締まっているかを確認するようにしましょう。

 

漏れない電子タバコの紹介!

とはいっても口コミなんかを見ていると、やはりリキッドが漏れる電子タバコもあるみたいで、逆に漏れない電子タバコも中にはあります。

そこで私自身が調べた漏れない電子タバコのTOP3を紹介します。

 

漏れない電子タバコ第1位「JoyeTech eGo AIO」

  • バッテリー容量:1500mAh
  • コイル抵抗値:0,6Ω

1番リキッドが漏れないという評判の「JoyeTech eGo AIO」です。

使い方も簡単でアトマイザーと本体が一体型の電子タバコで、使いやすいと高評価で漏れない電子タバコですね。

 

漏れない電子タバコ第2位「ASPIRE Pockex AIO」

  • バッテリー容量:1500mAh
  • コイル抵抗値:0,6Ω

もともとASPIRE社製のアトマイザーは高品質で、リキッドが漏れることは絶対にありません。

なかでもこのポケックスは特に漏れないと評判で、電子タバコ初心者でも簡単に扱えて、爆煙が楽しめます。

 

漏れない電子タバコ第3位「Eleaf I stick pico」

  • バッテリー容量:2100mAh
  • コイル抵抗値:0,3Ω、0,5Ω

この「i stick pico」も漏れない電子タバコとしては有名で、もともと付いているアトマイザーの品質が良いんですね。

爆煙で温度管理機能も付いている優れもので、初心者でも簡単に使える電子タバコとして人気がすごいです。

 

漏れない電子タバコ第4位「Thorvap iBox TC 60W」

  • バッテリー容量:2200mAh
  • コイル抵抗値:0,3Ω

温度管理機能も付いた電子タバコ初心者さんにも優しい漏れない電子タバコです。

アトマイザーの性能がよく、漏れないうえにリキッドの味も良く感じられる電子タバコです。

 

漏れない電子タバコ第5位「Bedee電子タバコ 40W」

  • バッテリー容量:1300mAh
  • コイル抵抗値:0,5Ω

このbedee電子タバコも漏れないことで、多くの方が高評価をしています。

リキッドの味もよく、吸い口までステンレスを使っているのが良いポイントですね。

 

漏れない電子タバコのまとめ

使い方をしっかりと守って使っていれば、どんな電子タバコでもリキッドが漏れることはありません。

漏れない電子タバコもありますが、やっぱり自分が良いと思った電子タバコを使いたいですよね。

パッキンやねじ式の部分をしっかり締めて確認して電子タバコを使うようにしましょう。

スポンサードリンク