スポンサードリンク

電子タバコnosmoは国産で安心して吸えて使い方が簡単!

国産の電子タバコ「nosmo」の紹介記事です。

日本製の電子タバコということで非常に評価が高く、使い方も簡単と人気が出ています。

そんな電子タバコ「nosmo」を徹底的に解説します。「nosmo」の購入を考えている方の少しでも参考になれば幸いです。

電子タバコ「nosmo」とは!?

電子タバコ「nosmo」とは日本で開発、製造されたリキッド加熱式の電子タバコでニコチンを含んでいません。

日本製ということで性能やクオリティは文句がなく、非常に人気も高く高評価を得ています。

リキッドを電子タバコ内のコイルに染み込ませて加熱して吸うため、火を使わずタール(ヤニ)が発生することなく、周りの方や洋服にタバコの嫌な臭いがつくことはありません。

充電するだけで簡単に使え、消耗品であるリキッドとアトマイザーの交換用のコイルが必要になります。

 

電子タバコ「nosmo」の使い方

電子タバコ「nosmo」を解説している動画を見つけましたが、わかりにくいので解説もしておきます。

 

使い方は他の電子タバコと同じで、充電してフィルターとなるアトマイザーにリキッドを入れたら吸うことができます。

このときにリキッドをアトマイザーのコイルにしっかり染み込ませる必要がありますので、リキッドを注入してから10分くらい時間を置いてください。

リキッドがコイルに染み込んでいない状態で加熱すると、コイルが焦げてリキッドの味を十分に引き出せません。

このときに必要な交換用のコイルとリキッドが消耗品になりますから、コイルのストックを持っておくことをおすすめします。

コイルは使っているうちに少しずつ焦げてくるため、定期的に交換が必要です。

 

これが「nosmo」の交換用のコイルで個人差はありますが、1つのコイルで約1週間ほど使えます。

電子タバコ「nosmo」に使うリキッドは電子タバコ用のリキッドなら、なんでも使用可能なのでいろんな物を試してみるのも良いでしょう。

おすすめのリキッドも紹介しています。

電子タバコのおすすめのリキッド

 

電子タバコ「nosmo」のまとめ

価格はやや高く感じるかもしれませんが日本製の電子タバコということで、そんなものだと思います。

国産のブランドなので6ヶ月のメーカー保証が付いているのは嬉しいですね。

禁煙したい方や電子タバコを始めてみたいという方は「nosmo」はおすすめの電子タバコでさすが日本製の性能です。

電子タバコ「nosmo」の購入を考えている方の少しでも参考になれば幸いです。

 

電子タバコ「nosmo」のメリット

  • ニコチン、タールがゼロのため副流煙が発生しなくて健康的
  • nosmoは電気で動くため安全
  • 初期費用もコストが低いためお財布に優しい
  • フルーツやドリンクなど、タバコ以外の風味も楽しめる
  • 水蒸気だから部屋がにおわない、汚れない、服に臭いがつかない

電子タバコのnosmoの煙は「霧」です。日本製のアドマイザー(変霧機)によってアロマオイル内に含まれる水分を一瞬で加熱し、 霧状化して外に排出する仕組みになっています。電子タバコ「nosmo」はヤニも出ず、火も使わないので安全にご使用できます。

 

電子タバコ「nosmo」の安全性は!?

従来のタバコは副流煙等の周囲の健康被害、火の不始末による火災など、常に周囲に迷惑をかけるだけでなく、時には大きな事故も発生していました。

その点、電子タバコ「nosmo」は電気駆動なので火の不始末や寝タバコなどといった危険な行為を限りなく減少させることができますね。

国内の溶液にはニコチンやタールなど、タバコの煙が含んでいる人体に害する成分が含まれていないとされ、タバコを止めたくないが、健康へのリスクを考えている人たちの間で普及が加速しています。

特に女性はニコチンや一酸化炭素などから発生する肌荒れに悩む女性が多いため、通常のタバコから 電子タバコ「nosmo」に切り替える人が増加していますよね。

そして吸う際に灰や二酸化炭素なども発生しないため、タバコよりも温暖化などの環境に配慮をしています。

ただ電子タバコにも普及当初はバッテリーが爆発したという大きな事故が発生しましたが、それ以降は各企業も 安全面に全力で力を注いでいるため、それ以降大きな事故は確認されていません。

その点、電子タバコ「nosmo」は国産の電子タバコなので安心して使うことができますね。

 

スポンサードリンク