スポンサードリンク

電子タバコtomorrow(トゥモロー)は使い方がアイコスよりも簡単!

電子タバコのアイコスを吸っている方で毎月の費用が高いと思っている方はいませんか。

電子タバコもtomorrowを使えばもっと安く健康にも良くタバコを吸うことが出来ます。

そこで電子タバコtomorrow(トゥモロー)のコスパの良さとアイコスとの比較記事を書いてみます。

ぜひ参考にしてください。

電子タバコtomorrow(トゥモロー)とは!?

電子タバコ「tomorrow」とはコンセントで簡単に本体を充電できて、カートリッジを付けるだけで吸える電子タバコです。

アイコスとは違いニコチンやタールは含んでいません。

この電子タバコ トゥモローで禁煙に成功した人は多く、現在人気が非常に高まってきています。

コスト面をみても私自身は本体意外のカートリッジ代で月に2,000円ほどで納まります。

アイコスだと交換用のヒートスティックは普通のタバコ代と変わらないので、トゥモローの方が断然安いですね。

アイコスではヒートスティックを差し間違えたり、何かと失敗することもありますが、tomorrowでは使い方が簡単で気に入っています。

 

電子タバコ「tomorrow」の使い方


(出典:https://www.amazon.co.jp/)

電子タバコtomorrowの使い方はすごく簡単で、tomorrowの本体を充電していればカートリッジを回して取り付けてすぐに使えます。

電子タバコtomorrowは家庭用のコンセントで充電できて、副流煙を気にすることなくどこでも吸うことが可能な電子タバコです。

ニコチンやタールなどの有害物質を含まない電子タバコtomorrowは禁煙や節煙に非常に役に立てますね。

カートリッジ交換も非常に簡単で、リキッド式の電子タバコとは違いtomorrowは手を汚さずに簡単にカートリッジが交換できます。

 

電子タバコ「tomorrow」トゥモローの交換用カートリッジ

ほのかな甘みの風味の電子タバコtomorrowトゥモロー用の交換用カートリッジです。

説明では1本のカートリッジで500回吸引可能と書いてありますが、だいたい3~4日で1本使い切りますね。コスパも味もよいと評判ですね。

 

メンソール風味のカートリッジでこちらの方が人気があります。さっぱりとした後味ですっきりできます。

電子タバコtomorrowに限らずリキッド式の電子タバコでも、メンソール系の味は1番人気の風味です。

 

電子タバコtomorrow(トゥモロー)のまとめ

電子タバコtomorrowをいろいろ書いてみましたが、アイコスと比べてコスト面でも使いやすさでも「tomorrow」がおすすめです。

しかしアイコスと違ってニコチンを含んでいませんから、吸った気になれない方もいると聞きます。

電子タバコtomorrowは本体代も安いし始めやすい電子タバコなので、1度試してみることをおすすめします。

 

電子タバコtomorrowに近いの電子タバコを紹介

tomorrow並に使いやすい「C-tec DUO」

電子タバコtomorrowとほとんど同じタイプの「C-tec DUO」です。6つの種類のフレーバーから選べます。

こちらも簡単に充電できてカートリッジ交換式の電子タバコで、多くの煙を楽しむことが可能。

交換用のカートリッジも種類が豊富なので、いろんなフレーバーを試してみるのもいいかもですね。

 

電子タバコ「FLEVO」

もっとも安いカートリッジ交換式の電子タバコで、すごく人気のある評価の高い電子タバコです。

コンパクトなわりに多くの煙を作り出せる良い電子タバコで吸ったときの満足感が得られます。

電子タバコtomorrowと比べてもほとんど大差はないスペックで、使い方もほとんど同じです。

 

電子タバコ「プルームテック」

このプルームテックはニコチン入りの電子タバコで、カートリッジはコンビニやタバコ屋で購入できます。

アイコスと同じタイプの電子タバコなのに初期費用はずっとこのプルームテックが安いですね。

アイコスとは違い何回も充電する必要がないのは本当に使いやすくなりました。

スポンサードリンク