電子タバコを種類別に一気に紹介!見逃し厳禁!

最近街中でも電子タバコを吸っている方を多く見かけるようになりましたね。

ただ一言に電子タバコといってもいろんな種類があります。そこで電子タバコの種類別の特徴と初期費用、毎月にかかる費用を紹介します。

なんらかの種類の電子タバコの購入を考えている方の少しでも参考になれば幸いです。

電子タバコの種類

  • カートリッジ式の電子タバコ
  • ニコチンを含む電子タバコ(アイコスなど)
  • ニコチンを含まない電子タバコ(リキッド加熱式)

 

電子タバコの種類「カートリッジ式」

1番簡単に扱える電子タバコの種類でカートリッジ式の電子タバコがあげられますね。

この種類の電子タバコは本体を充電して、カートリッジを交換するだけで簡単に使える種類の電子タバコです。

交換用のカートリッジにもいろんな種類のフレーバーがあるので本当に便利になりました。

この種類の電子タバコは面倒なメンテナンスが苦手な方におすすめの電子タバコで、手を汚さずにカートリッジ交換ができます

カートリッジ式の電子タバコの紹介

 

 

ニコチンを含む種類の電子タバコ

この種類の電子タバコは有名なことろで「アイコス」が1番有名ですが、他にもいろんな種類の電子タバコがあります。

この電子タバコの特徴はタバコの葉を火を使わずに熱で加熱して、タール(ヤニ)を発声させずに吸うタイプの電子タバコです。

ニコチンのみを体に摂取して煙もにおいも最小限に抑えられます。

交換用のヒートスティックもセブンイレブンなどのコンビニで、どこでこ購入できるので本体があれば簡単に購入できます。

ヒートスティックの種類があまり発売されていないのが弱点ですが、煙が非常に少なく、この種類の電子タバコは本当に人気の電子タバコですね。

 

 

電子タバコの種類(リキッド加熱式)

この種類の電子タバコはニコチンを含まない電子タバコは通称ベイプと呼ばれ、リキッドを加熱して水蒸気を発生させて吸うものです。

煙の量がすごくニコチンを含んでいなくてもその煙の量で吸った気になれる種類の電子タバコです。

リキッドの風味にもいろんなものがあり現在多くの方がこのリキッド加熱式の電子タバコに移行する傾向にあります。

この種類の電子タバコはニコチンやタールを一切含んでいないため、周りを気にせずに吸う事ができます。

 

電子タバコを種類別で一気に紹介!

ニコチンを含む電子タバコ「アイコスiQos」

  • 初期費用:10,000円程度
  • 月々の費用:6,000円~10,000円(交換用のタバコ1箱460円)

多くの方が使っています。月々にかかる費用は個人差があり、本体を購入すればタバコ代として1箱20本入りが460円で普通のタバコと変わりません。

 

ニコチンを含む電子タバコ「Ploom Tech」

  • 初期費用:3,000円~4,000円
  • 毎月の費用:8,000円~12,000円(個人差はあります)

この電子タバコ「PloomTech」も使っている人は非常に多く人気の高いカートリッジ式の電子タバコですね。ニコチン入りの電子タバコです。

 

リキッド加熱式の電子タバコ(ニコチンなし)

電子タバコの種類 カートリッジ交換式「FLEVO」

  • 初期費用:1,000円
  • 月々の費用:2,000円~3,000円

1番吸っている方が多いカートリッジ式の電子タバコ「フレボ」です。スターターキットも価格が手ごろですぐに始められるのが良いですね。

ただヘビースモーカーの方には向かないかもしれません。⇒電子タバコ フレボの記事も書いています。

  • とにかく安い種類の電子タバコが良い
  • 軽くて小さい種類の電子タバコ
  • リキッドを簡単に交換できる種類の電子タバコ

という方におすすめできる電子タバコです。

電子タバコが初めてという人も、電子タバコをたくさん持っているという人も、値段が安いのでぜひとも一度お試ししてみていただきたいです。

個人的な肌感でいえばこの種類の電子タバコは買って損はないです。

またサイズ感が先ほどご紹介したEMILIとほぼ一致しているので、EMILIに付属しているケースにすっぽり入ります。私はEMILIの黒とFLEVOの黒をそのケースで持ち運ぶ事が多いのですが、そういった活用方法もあります。(余談ですが笑)

EMILIとはサイズ感・使用感ともに類似しているのですが、比較ポイントは「リキッド交換の有無」です。

FLEVOはリキッドの交換がカートリッジを変更するだけなので、とても楽です。ただその反面選べるリキッドが少ないのがこの種類の電子タバコの弱点ですね。

 

カートリッジ式の電子タバコ「C-tec DUO」

  • 初期費用:2,000円~3,000円
  • 月々の費用:4,000円~5,000円

このカートリッジ式の電子タバコも非常に人気でスタイリッシュなデザインがかっこいいですね。

煙もしっかり出る種類の電子タバコなのでたばこを吸った気になれますね。

C-tec Duoの液体カートリッジの紹介

 

電子タバコの種類 リキッド注入式「smiss EMILI」

  • 初期費用:3,000円~4,000円
  • 月々の費用:4,000円~6,000円(個人差はあります)

電子タバコの中でもコンパクトな種類の「EMILI」です。このスターターキットは非常にお得で10本のリキッドが付いていて楽しめますね。

この電子タバコを使って禁煙に成功した方も多くいると聞きました。

  • 電子タバコとばれないくらいコンパクトなサイズが良い
  • 煙量は多いほうが良い
  • 割と手頃な値段で抑えたい

という方には大変おすすめの種類の電子タバコです。また個人的に購入して一番嬉しかった事は、本体が2つついているという事です。

リキッド交換が必要な種類の電子タバコだと、リキッドの味を交換するのに洗浄をする必要があるので、やや手間に感じる事があります。

しかし2つあれば、お好みの味を2つ常備できるので二度楽しめるお得感があります。また付属のケースもポケットサイズで、2つ本体を入れるスペースもあり、持ち運びにも大変便利です。

「それでもリキッド交換が面倒くさい」という方は、他の種類の電子タバコがおすすめですが、そこまで気にならないという人にはこの種類の電子タバコはおすすめの電子タバコです。

電子タバコemiliの紹介

 

電子タバコの種類 リキッド式「MALLE」

  • 初期費用:5,000円
  • 月々の費用:3,000円~4,000円

高級感のある種類の電子タバコでケースごとで持ち運べるのは便利ですね。

この種類の電子タバコ「MALLE」は本格的な種類の電子タバコで、煙がしっかりと楽しめていろんな種類のフレーバーのリキッドを楽しめます。

 

電子タバコの種類 リキッド式「ARCUS」

  • 初期費用:3,000円
  • 月々の費用:4,000円~6,000円

リキッド式の中でも非常に人気の種類で煙がいっぱい楽しめることから高評価を得ています。

デザインもおしゃれでかっこいいこの電子タバコは、人気が上昇中でいろんな方が使っているのを見かけますね。

 

電子タバコの種類 リキッド式「DATONG」

  • 初期費用:2,000円~3,000円
  • 月々の費用:3,000円~5,000円

この電子タバコも人気の種類で初心者でも簡単に扱えることから人気が高まっています。

電子タバコ「datong」の紹介

 

電子タバコの種類 リキッド式「ASPIRE POCKEX aio」

  • 初期費用:3,000円~5,000円
  • 月々の費用:4,000円~6,000円

本格的な爆煙が楽しめる種類の電子タバコで、本気で禁煙したい方におすすめです。煙が多く出る種類の電子タバコなのでタバコを吸った気になれることが評価されています。

 

電子タバコの種類のまとめ

電子タバコの種類はいろいろとありますが、やはりニコチンやタールを含まないリキッド加熱式がおすすめです。

まわりの人をきにせずに自分の体にも害はないという理由から人気が高まってきていますね。

電子タバコの購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

安い電子タバコも紹介しています。

スポンサードリンク