電子タバコのコスパが良いものから順番に紹介【知らなきゃ損】

最近よく見かける電子タバコですが、電子タバコを始めるのにかかるコスパや毎月にかかってくる費用を詳しく知りたいですよね。

そこで電子タバコのコスパの良い順から一気に紹介します。

ここでは電子タバコをリキッド加熱式と「アイコス」のような熱で加熱して吸うニコチン入りの電子タバコをわけて紹介しますね。

電子タバコへの移行を考えている方のコスパが少しでも参考になれば幸いです。

電子タバコをコスパの良い順から紹介!!

1番コスパが良い電子タバコ 「FLEVO」

  • 初期費用:1,000円
  • 月々の費用:2,000円~3,000円

1番吸っている方が多いカートリッジ式の電子タバコ「フレボ」です。スターターキットも価格が手ごろですぐに始められるのがコスパが良いですね。

コスパが良いですが、ただヘビースモーカーの方には向かないかもしれませんが、簡単にカートリッジを交換するだけで使えます。

 

使い捨てのコスパが良い電子タバコ「VAPE STEEZ」

  • 初期費用:2000円~
  • 月々の費用:2000円~3000円

コスパの良い使い捨ての電子タバコで、煙が非常に多く多くの方が満足しているコスパの高い電子タバコです。

見た目もおしゃれで使い捨てなので誰でも簡単に使えます。個人差はありますがこれ1箱で1ヶ月近く持つのはコスパが良い証拠ですね。

 

電子タバコ「C-tec DUO」もコスパが良い

  • 初期費用:2,000円~3,000円
  • 月々の費用:3,000円~4,000円

コスパが良いこのカートリッジ式の電子タバコも非常に人気でスタイリッシュなデザインがかっこいいですね。煙もしっかり出る電子タバコなのでたばこを吸った気になれますね。コスパもそこそこ良いです。

使い捨ての電子タバコとは違い何回も充電して使えるのがコスパが良いわけなんですね。

関連記事:シーテックデュオは安くて簡単

 

コスパの良い電子タバコ リキッド式「smiss EMILI」

  • 初期費用:3,000円~4,000円
  • 月々の費用:4,000円~6,000円(個人差はあります)

電子タバコの中でもコンパクトな種類の「EMILI」です。このスターターキットは非常にお得で10本のリキッドが付いていて楽しめますね。

コスパも良くこの電子タバコを使って、禁煙に成功した方も多くいると聞きました。

いろんなフレーバーのリキッドを試せてコスパが良いのは本当に嬉しいことです。

 

電子タバコのコスパ リキッド式「MALLE」

  • 初期費用:5,000円
  • 月々の費用:2,000円~3,000円

高級感のある種類の電子タバコでケースごとで持ち運べるのは便利ですね。コスパも良く満足のいく煙を楽しめます。

初期費用が高く感じるかもですが、本体を購入すればあとはリキッド代しかかからないのでコスパが非常に良いといえる電子タバコです。

 

コスパが良い電子タバコ リキッド式「ARCUS」

  • 初期費用:3,000円
  • 月々の費用:3,000円~5,000円

リキッド式の中でも非常に人気の種類で煙がいっぱい楽しめることから高評価を得ています。

本格的な電子タバコのわりにコスパが非常に良いですね。爆煙を楽しみたい方におすすめのコスパの良い電子タバコですね。

本体価格が安いので電子タバコを始めやすく、あとはリキッドを購入するだけで使えるのでコスパはそこそこ良い電子タバコです。

 

コスパが良い電子タバコ リキッド式「DATONG」

  • 初期費用:2,000円~3,000円
  • 月々の費用:2,000円~4,000円

この電子タバコも人気の種類で初心者でも簡単に扱えることから人気が高まっています。

初期費用にかかるコスパが良いことでも高評価を得ていますね。

 

コスパの良い電子タバコ リキッド式「ASPIRE POCKEX aio」

  • 初期費用:3,000円~5,000円
  • 月々の費用:4,000円~6,000円

本格的な爆煙が楽しめる種類のコスパの良い電子タバコで、本気で禁煙したい方におすすめです。

煙が多く出る種類の電子タバコなのでタバコを吸った気になれることが評価されています。

このスペックでこのコスパは非常に高い電子タバコです。

本体とアトマイザーが一体型の電子タバコで、初心者の方でも簡単に扱えるコスパの良い電子タバコです。

 

ニコチンを含む電子タバコ「アイコスiQos」

  • 初期費用:10,000円程度
  • 月々の費用:6,000円~10,000円(交換用のタバコ1箱460円)

多くの方が使っています。月々にかかる費用は個人差があり、本体を購入すればタバコ代として1箱20本入りが460円で普通のタバコと変わりません。

初期費用も1万円で毎月の交換用のタバコも普通のタバコと同じくらいなので、コスパが良いとはいえません。

 

コスパの良い電子タバコ「Ploom Tech」

  • 初期費用:3,000円~4,000円
  • 毎月の費用:8,000円~12,000円(個人差はあります)

この電子タバコ「PloomTech」も使っている人は非常に多く人気の高いカートリッジ式の電子タバコですね。ニコチン入りの電子タバコです。

「アイコス」よりは初期費用が安くてコスパは良いといえますね。

 

電子タバコのコスパのまとめ

電子タバコのコスパの良いものをいろいろと紹介してきましたが、コスパが良いといっても個人差がありますね。

1日の内に電子タバコをたくさん吸う人であれば、それに合わせた電子タバコを吸えばコスパはよくなるし、あっていなければコスパは良くなりません。

しっかりと自分に合った電子タバコを選ぶことで、コスパも十分に計れるものですね。

ただ「アイコス」や「プルームテック」に比べると水蒸気を吸うタイプの電子タバコはコスパは良いといえます。

「アイコス」などではヒートスティックが交換用として必要になり、普通のタバコの価格と変らないからです。

それに本体の費用もかかってきますから、余計にコスパは悪くなりますよね。

逆に水蒸気の電子タバコでも吸い始めると楽しくなってきて、いろんなものを集めたりいろんなリキッドを試しているうちにはまっていってしまい、どんどんお金を使っている方も少なくはありません。

なので一言でコスパが良い電子タバコといっても、その人に合った電子タバコを見つけることでコスパを十分に良くできるものです。

スポンサードリンク