電子タバコ フレボはなぜここまで人気なのか!?

最近電子タバコ フレボを街中で良く見かけるようになりましたね。分煙や禁煙が急ピッチで進む日本ではフレボみたいな電子タバコの需要が非常に高まっています。

そこで電子タバコ フレボがどうしてこんなに人気があるのかを徹底的に検証します。電子タバコ フレボの購入を考えている方の少しでも参考になれば幸いです。

電子タバコ フレボとは??

電子タバコ フレボとは普通のタバコサイズの電子タバコで、ニコチンやタールを含んでいない電子タバコです。

面倒なメンテナンスが不要でフレボのカートリッジを交換するだけでいろんなフレーバーを楽しむことが出来ます。

フレボは普通の電子タバコとは違いリキッドの注入やコイル交換で手を汚すことはありません。しかもフレボ用のリキッドは全て国内で生産しているため、安全なものを安心して吸えるんですね。

フレボは非常にコンパクトで手軽に吸えることから人気が高まり、今では多くの方が吸っていますね。

 

電子タバコ フレボの健康への被害は!?

電子タバコ フレボの健康へ及ぼす被害が心配になりますよね。

フレボは電子タバコアイコスなどとは違い、ニコチンもタールも含んでいません。

フレボを吸ったときに出る煙は水蒸気なので体に取り入れてもなんの問題もないんですね。

フレボはニコチンを含んでいないため中毒になり、依存することはなく吸わないなら吸わないでも平気でいられます。

電子タバコアイコスでも煙が少なく燃焼させずに吸っていますから、煙が少なく健康的に見えますが、ニコチンを含んでいますね。

その点では電子タバコフレボはリキッドを水蒸気にして体に取り入れて吸うので全く健康に害はないんですね。

しかもフレボに使うリキッドも全て国内で生産していますから、すごく安全で安心して吸えるというわけですね。

 

電子タバコ フレボはコストパフォーマンスが非常に高い

電子タバコフレボのスターターキットは1000円なので誰でも手軽に始めることができますね。

しかも1ヶ月間の保障期間も付いていますから心強いです。

1回の充電で約200回も吸えるので1日中吸うとなっても、1回の充電で十分なのが嬉しいポイントですね。

フレボのフレーバーによっては普通のタバコを吸ったときに近い苦味が残るものもあるので、意外とタバコを吸った気になれます。

それでニコチンやタールを含んでいないのは電子タバコフレボのスーパーメリットだと思います。何より1000円でフレボは始められるのが人気の秘密なんだと思います。

フレボで禁煙に成功する方も非常に多く見られ、健康への害もなくコストも抑えられるのが1番です。

 

電子タバコ フレボの交換用カートリッジ

電子タバコフレボを始めるには交換用のカートリッジが必要になってきます。

この交換用のカートリッジも1500円と非常にお得で、1つのカートリッジで約240回吸うことができます。

日数にすると個人差はありますが2~3日で交換するという目安です。

1日に1箱タバコを吸っていた方でもフレボだと1つのカートリッジで2日間くらい持ちますので、1ヶ月で15個のカートリッジが必要です。

金額にするとフレボのカートリッジが月に4000円程なので、普通のタバコを吸うよりもコスト削減できて健康にも良いわけですね。

そんな理由から現在タバコを禁煙するのにこの電子タバコのフレボへと移行していく傾向にあります。

 

電子タバコフレボに次ぐ人気のシーテックデュオ

フレボでは本当に初期費用が安く、簡単に吸えることが売りですが「シーテックデュオ」はもっと手軽で煙の量に満足のいく電子タバコです。

シーテックデュオはフレボと同様で、手を汚さずにカートリッジ交換ができ、フレーバーの種類もフレボよりも多いことから爆発的な人気となっています。

▼シーテックデュオが気になった方は関連の記事をチェックしてみて下さい▼

関連記事:シーテックデュオの紹介記事

電子タバコ フレボのまとめ

フレボをすうとなればコスト面が1番気になると思いますが、非常に安く始められて月々にかかる費用も普通のタバコに比べれば断然お得です。

それで健康への被害もないのだからフレボの人気は高まっていくばかりです。

禁煙を考えている方は1度フレボを試してみてはいかがでしょうか。

電子タバコのフレボのメンソールのカートリッジです。

電子タバコのフレボのビタミンベリーのカートリッジです。

電子タバコのフレボのタバコフレーバーのカートリッジです。

電子タバコのフレボは価格も安く初期費用が抑えやすいのと、交換用のカートリッジがいろんなフレーバーがあるので嬉しいですね。

まだ電子タバコを試したことがない方はこの電子タバコ「フレボ」からはじめてみることをおすすめします。

安い電子タバコも紹介しています

スポンサードリンク