GeeMo電子タバコ【プルームテック】は本家よりも高評価!?

geemoプルームテック

最近ではアイコスやグロー、プルームテックといった加熱式の電子タバコを吸っている方を本当に多く見かけるようになりましたね。

煙も少なく臭いも出ないことから人気が出ているのだと思います。そこで「GeeMo電子タバコ」の紹介です。

GeeMo電子タバコは「プルームテック」のコピー商品ですが、GeeMo電子タバコを使った方の声を聞いてみると本家の「プルームテック」よりもずっと使いやすくて便利という声も多くあります。

GeeMo電子タバコとは!!

GeeMo電子タバコとは、簡単に言うと「プルームテック」のコピー商品で、性能はプルームテックとほとんど変らず、本体の価格はプルームテックの半額以下で購入できます。

GeeMo電子タバコはお得に安く購入できるのと、本家よりも使いやすいということで、最近では人気が高まってバカ売れしている加熱式の電子タバコですね。

 

GeeMo電子タバコは簡単操作

GeeMo電子タバコでは、難しいボタン操作無しでくわえて吸うだけて、自動的に電源が入り吸引可能なのは簡単ですね。嬉しいことにバッテリーは、もちろんプルームテックと互換可能です。

GeeMo電子タバコの大きなバッテリー

コンパクトなミニサイズでも満足できる吸いごたえで、フル充電で約300回吸えます。ヘビースモーカーの方は、充電器も一緒に持ち運ぶこともできます。

 

GeeMo電子タバコの使い方

geemoプルームテック
出典:https://www.amazon.co.jp/

GeeMo電子タバコの使い方として、バッテリーにカートリッジを取り付けて吸うのみです。充電を忘れずに!

吸う時は先端のLEDが赤く点灯します。バッテリー容量が少なくなるとLEDが赤く十回点滅します。カートリッジの味が薄くなったり、蒸気の量が少なくなった場合は、新しいカートリッジとの交換時期になります。

 

geemoプルームテックにかかるコストは?

geemoのプルームテックは、初期費用がスターターキットで1,560円で、カートリッジ5つ入りで1,400円と非常に安く抑えられます。

仮にカートリッジ2つ(10本)を1ヶ月で吸ったとして、3,120円で済む計算です。1本のカートリッジで300回吸うことが可能なので、かなり吸うことができます。

アイコスと違って吸う度に交換がないのは本当に楽チンです。

 

まとめ

GeeMoのプルームテックは、取り扱いがすごく簡単で手軽な電子タバコです。本家のプルームテックも良いですが、互換品でも充分に使えます。

最近では多く見かける電子タバコになってきましたね。コンビニでも店舗によっては購入できる電子タバコです。フレーバーの幅がもっと広がれば良いですけどね。

 

geemoはアイコスの互換品もあります

geemo電子タバコのアイコスの互換品は、本家とは違って毎回充電の必要がありません。本体もなく本家よりは少し大きくなりますが、使い勝手は評判良しです。

本体の価格も本家の半額くらいなので、試して見ても良いですね。アイコスは、カートリッジがコンビニで購入できる利点もありますしね。家の中だけで使う分には、コピー商品でも充分ですよね。

スポンサードリンク