スポンサードリンク

電子タバコiQosアイコスはなぜここまで人気があるのか?

最近街中でも良く見かける電子タバコアイコスですが、すごい人気でみんな吸っていますよね。

確かに流行り物好きの日本人としては1度流行ってしまうものは試してみたくなりますね。

しかしなぜここまで電子タバコアイコスが人気なのかを解説してみたいと思います。

電子タバコアイコスとは??

電子タバコアイコスとは、フィリップモリスやマルボロが提供している煙の少ない電子タバコです。

電子タバコとはいってもアイコスではニコチンを体に取り入れるため、水蒸気などを吸うベイプとはだいぶ違います。

アイコスは本物のタバコの葉を火を使わずに熱で加熱して、体に悪いタール(ヤニ)を発生させずにニコチンだけ吸収できる電子タバコです。

日本で流行りだしたのは数年前からで欧米では、この火を使わずに熱で加熱させるアイコスタイプのタバコはすでに主流でしたね。

アイコスは火を使わないので煙もあまり出ることがなく、普通のタバコに比べると全然臭くありません。

そのことから禁煙・分煙が進む日本でもこの火を使わない電子タバコアイコスが注目を集めるようになったんだと思います。

 

電子タバコアイコスの値段は??

電子タバコアイコスの気になる値段は本体が1万円くらいで購入できるので、これがアイコスを始める初期費用になります。

これとアイコス用のタバコが必要になります。1箱20本入りで460円なので普通のタバコと変わりません。

これだけ見ればアイコスを吸うより普通のタバコを吸っていた方が良さそうですが、アイコスは本当に煙が少なくにおいもありません。

そのため一緒にいる非喫煙者にとっては電子タバコアイコスのほうが断然良いわけなんですね。

喫煙者の方が気を遣う最近ではそんな理由からアイコスに移行していく傾向にあるみたいですね。

 

電子タバコアイコスの健康被害の真実は??

実際のところの電子タバコアイコスがどれほど健康に被害を与えるのかを知りたいですよね。

アイコスを使っている人ほどアイコスには健康被害がないと言う傾向にありますが、本人達も真実は知らないと思います。

しかし普通に考えてタバコの葉を火を使わずに燃焼させているのは変わりありませんよね。

燃やしていないということは発ガン物質である一酸化炭素やタールが発生することがない為、普通のタバコよりは体には良いと言えます。

その証拠に電子タバコアイコスを吸っている方の周りにいても臭くないわけですから、何らかの違いは絶対にありますね。

普通のタバコには巻紙に少しだけ火薬が混ぜ込んであります。この巻紙の火薬が燃えていないだけでも普通のタバコと比べてアイコスは体には良いと言えます。

逆に言えば普通のタバコは巻紙の火薬も燃やして一緒に吸って体に取り入れていますから、非常に健康には良くないことになります。

 

電子タバコアイコスは吸える銘柄が非常に少ない

電子タバコアイコスで吸える銘柄は非常に少ないですよね。

普通のタバコからアイコスに移行したくても吸いたい銘柄がなければ、どうしようか迷うと思います。

普通のタバコみたいにたくさんの銘柄がアイコスでも吸えるようになればアイコスは日本でももっと流行るはずですね。

そこで紹介したいのがタバコの葉を入れて吸う「Herb Stick」です。

 

これも電子タバコアイコスと同じ仕組みで火を使わずに燃焼させてニコチンだけを摂取できる優れものです。

アイコスと違うのはこの「Herb Stick」中に入れるのはどんなタバコの葉でもOKで自分が吸いたいタバコをアイコスのスタイルで吸えるということです。

この「Herb Stick」は欧米では主流になっていて、普通のタバコよりは体に良く煙も少なく、何より自分が吸いたいタバコを吸えることに人気が集まっています。

普通のタバコからアイコスに移行してくても銘柄が少なく躊躇している方にはこの「Herb Stick」は非常におすすめの電子タバコです。

本体価格も6000円程度でアイコスを購入するより安く、始めやすいですね。

 

電子タバコアイコスが人気のまとめ

アイコスが人気があるのは、やっぱり煙が少なく周りの方の迷惑になりにくいことですね。

分煙や禁煙が進む日本では喫煙者は非常に非喫煙者に対して気を遣うことが大事になってきました。

みんな同じ空間で共に生きているのでお互いにストレスなく生きていけるのが1番良いですね。

 

スポンサードリンク