電子タバコでメビウスが吸いたくなったら!!

普通のたばこでも人気のマイルドセブン「メビウス」ですが、電子タバコでもメビウスが吸いたいですよね。そんな方に電子タバコでもマイルドセブン「メビウス」を吸ういくつかの方法を紹介します。

電子タバコでメビウスを吸いたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

電子タバコでメビウス(プルームテック)を吸う

電子タバコでメビウスを吸う方法の1つとしてプルームテックを使う方法があります。

プルームテックとは電子タバコ「アイコスiQos」に似た電子タバコのことで専用のカートリッジを差し込んで吸うタイプの電子タバコです。

煙がほとんどなく火を使わずにニコチンだけを体に摂取するので、タール(ヤニ)を発生させることなく吸えるんですね。

普通のタバコメビウスに比べて健康被害が少なく、煙もほとんど出ないため周りの方にも気を使わずに迷惑もかかりません。

 

これがプルームテック専用のメビウスのカートリッジでコンビニやタバコ屋さんなどで購入できます。

中には5つのカートリッジと専用のアトマイザーが入っていて、メビウスカートリッジ1つにつき、普通のメビウスの約5本分となります。

電子タバコアイコスと違って、1回吸って充電する必要はプルームテックにはなく、カートリッジ1つ分なら充電なしでもらくらく吸うことが可能。

しかもカートリッジ1本で普通のメビウスの5本分ほどありますから、交換する必要がなく非常に楽にメビウスを吸うことができますね。

 

これがプルームテックの簡単な仕組みで、本体を充電しておけばコンパクトなのでどこへでも持ち歩くことができます。

吸うときにもスイッチなどはなく吸ったときに自動でONになるので、吸いたいときに吸えるわけなんです。

電子タバコでメビウスを吸いたいのならプルームテックでメビウスを吸うのは、すごくおすすめです。

プルームテックの本体自体も非常に安いので電子タバコアイコスに比べると、ぐっとコスパは良くなりますね。

 

 

リキッド式の電子タバコでメビウス味のリキッドを使う

もう1つの電子タバコでメビウスを吸う方法として、リキッド式の電子タバコを使ってメビウス味のリキッドを吸うことができます。

リキッド式の電子タバコとは、リキッドを加熱して水蒸気を作り出し、それを煙に見立てて吸う電子タバコです。

リキッドを加熱して吸うのでニコチンやタールは含んでおらず、プルームテックやアイコスとは全然違うものになります。

 

メビウスのリキッド

電子タバコのメビウス風味では1番人気の「VAPETORA3」です。評判もよくニコチンなしで健康被害もありません。

 

電子タバコのメビウスのもう1つのリキッド「MURASAME」です。厳しい検査基準をクリアしたリキッドで高評価を得ています。

 

リキッド式の電子タバコ

リキッド式の電子タバコでメビウスを吸うには本体が必要ですから、一応紹介します。最近話題で人気のリキッド式の電子タバコ「smiss EMILI」です。

リキッド式の電子タバコ初心者でも簡単に扱えて、ニコチンなしでもタバコを吸った気になれると評判は非常に良い電子タバコです。本体価格も安く始めやすい電子タバコの1つですね。

 

ヴェポライザーでメビウスを吸う

最近ではたまに見かけるようになった「タバコ用」のヴェポライザーで、普通のメビウスのタバコを吸うことが可能です。

ヴェポライザーでは火を使わずに加熱して吸うので、タールが発生することなくメビウス本来のテイストを楽しむことができます。タバコのような喉にイガイガ来ることがなく、クリーンにタバコのニコチンと味を堪能できます。

普通のタバコを吸っていて喉のイガイガが嫌いな方にもピッタリのヴェポライザーです。1回使ってみると初めはハマリます。

 

電子タバコでメビウスのまとめ

電子タバコでメビウスを吸う方法はいくつかあり、ニコチンありのプルームテックを選ぶのか、リキッド式のニコチンなしの電子タバコですね。

ヴェポライザーも良くて、好きなタバコをお好みの方法で吸うことをおすすめします。電子タバコでメビウスを吸いたい方の少しでも参考になれば幸いでございまする。

 

スポンサードリンク