スポンサードリンク

電子タバコにかかるランニングコストは!?

電子タバコにかかる毎月のランニングコストが気になりますよね。

電子タバコと一言で言っても、使い捨てタイプの電子タバコやリキッド式の電子タバコで大きく変わってきます。

ここでは電子タバコの種類別でかかるランニングコストを紹介します。

電子タバコの毎月のランニングコストを知りたい方の少しでも参考になれば幸いです。

電子タバコにかかるランニングコスト紹介!

カートリッジ交換タイプの電子タバコ

カートリッジ交換式の人気の電子タバコ「C-tec DUO」です。

初期費用は非常に安く始められ、2,000円で本体を購入できますね。

毎月にかかるランニングコストとして交換用のカートリッジが必要になりますから、だいたい月に2,000~3,000円程で納まります。

個人差はありますがカートリッジ交換式の電子タバコでは、初期費用が2,000円~3,000円で購入できます。

毎月のランニングコストとして約2,000円~3,000円がかかってきます。

カートリッジ交換式の電子タバコも最近では人気が出てきて、始めやすく電子タバコがどんなものか感覚を知れるのにはちょうど良いですね。

 

本格的な電子タバコのランニングコスト!

こちらは本格的な電子タバコでリキッド式の電子タバコで、爆煙が楽しめてカートリッジ交換式とは違う煙の量が出ます。

このリキッド式の本格的な電子タバコで、本体代として3,000円~9,000円で本体が購入できます。(本体のものにより価格は違います)

この電子タバコの場合はアトマイザーの中のコイル交換とリキッドが必要になります。

この2つが毎月にかかるランニングコストで個人差はありますが、月に4,000~6,000円が必要になります。

高いような気もしますが本体を購入してしまえば、毎月のランニングコストは普通のタバコよりも安く抑えられますね。

とにかく煙の量が全然違いますから、もともとタバコをたくさん吸うヘビースモーカーはこちらを選ぶと良いでしょう。

 

電子タバコのランニングコストのまとめ

電子タバコといってもランニングコストは、どのタイプの電子タバコによるかで大きく変わってきます。

安く始められるタイプの電子タバコでは煙の量に満足できなかったり、味が悪かったりします。

かといって高い電子タバコを買っても続かなかったらもったいないですよね。

自分の目的に合った電子タバコを購入されることをおすすめします。

スポンサードリンク