スポンサードリンク

電子タバコの新作「PloomTech」と「glo」を比較!

最近の電子タバコの新作といえば「アイコス」に続き「プルームテック」や「glo」などといった電子タバコが出てきましたね。

どちらの新作ももニコチンを摂取するタイプで、アイコスのように煙が少なく周りの方に迷惑がかかりません。

では新作の電子タバコ「プルームテック」と「glo」の違いや、価格や初期費用などいろんな面から見て比較してみます。

新作の電子タバコ「PloomTech」「glo」を比較

新作の電子タバコ「PloomTech」とは!?

新作の電子タバコ「PloomTech」は普通のタバコよりも少し大きなサイズの電子タバコで専用のカートリッジとカプセルを付けて吸うタイプです。

アイコスと同じくカプセルにはニコチンが含まれ、火を使わないためにタール(ヤニ)が発生することなくニコチンを摂取できます。

本体の価格が2,000円程度で非常に安く初期費用を抑えられるため、新作の中でも人気が高まってきています。

アイコスと違うのは「PloomTech」は一回の充電で約250回分吸うことができて、1回吸ってまた充電する必要がありません。

交換用のカプセルも1つで普通のタバコの4本分なので、吸う度に交換する手間が掛からないのが特徴ですね。

新作の電子タバコで非常にコンパクトでどのポケットにも入り、吸いたくなった時にすぐに吸えるのは良いですね。

 

新作の電子タバコ「プルームテック」の交換用のヒートスティックは全国のコンビニで購入できるのも利用者としては嬉しいですね。

ヒートスティックもこれから新作がどんどん発売されると思いますので、自分の好みのヒートスティックを見つけるのも新作の電子タバコを吸う醍醐味でもあります。

「アイコス」よりもスペックがグッと上がった新作のプルームテックは現在、非常に人気の電子タバコですね。

 

 

新作中の新作の電子タバコ「glo」

新作の電子タバコ「glo」も「アイコス」と同じタイプの熱で加熱して、ニコチンと水蒸気を吸うタイプの電子タバコです。

「glo」が「アイコス」や「PloomTech」と違う点は、有害物質を9割以上カットして、副流煙にも有害物質がないことですね。

洋服にタバコの臭いやヤニが付くことは絶対になく、周りを気にせずに吸えるのがこの新作の電子タバコ「glo」です。

本体の価格は定価で10,000円することから「アイコス」とあまり変わりませんね。

交換用の専用のヒートスティックの交換と充電するだけで吸える非常に簡単な電子タバコです。

一回の充電で約35回も吸えることから充電の手間が省け、人気が徐々に高まってきています。

一回吸うごとの充電が不要なだけで十分に「アイコス」を上回ったスペックだといえますね。

 

新作の電子タバコ「glo」はどこのコンビニでも売り切れが続出でなかなか手に入れることが難しくなっていますが、通販で新作を購入することで定価よりも安く購入できます。

新作の電子タバコ「glo」の利用者でも多くの方が「アイコス」よりもずっと使いやすくて高評価をしています。

やはり新作の電子タバコ「glo」でも何度も充電の必要がないことが評価をうけたおおきな理由になっていますね。

新作の「プルームテック」でも「glo」でも1回使用するごとに充電をしなくて済むのは本当に嬉しいことです。

 

新作の電子タバコ「PloomTech」と「glo」の比較まとめ

新作の電子タバコ「PloomTech」は初期費用2,000円で始められ、非常にコンパクトで持ち運びも便利です。

対して「glo」は初期費用が10,000円とやや高めですが、有害物質を9割以上カットしてくれる優れものです。

どっちもどっちですね。

実際に試してどのくらいの吸い応えなのかを知る必要がありますね。

吸いやすいスマートな風味。「アイコス」のようなアメリカたばこ独特の強烈なパンチとか全然なくて、丸みを帯びた万人ウケしそうな吸い心地です。だけどたばこ吸ってる感じはしっかりする。不思議ですね。個人的にはブルーベリーみたいなメンソールのやつ最高。

新作の電子タバコ水蒸気は少なめで、たばこ独特の匂いもほとんどしない。これだと室内で換気せずに吸っても全く問題なさそう。VAPEは電子タバコの匂いはしないけど独特の甘い匂いするやつ多いから、その点はこちらの方が有利かも。

iQOSと比べてとてもメリットに感じる点は、たばこカプセル使っている途中でも中断することができるところ。iQOSは1回たばこ葉を差し込むと、途中でやめることができないし、1回吸い終わる度にごみが発生するんですよね。だけど、これは1つのたばこカプセルで4本分吸えるし、途中でもやめることができるから、毎回ごみが発生しない。これって何気にとても便利。

iQOSはバッテリーの充電がすぐに切れるから、1本吸い終わったら一旦バッテリーケースに収納して充電させる必要があるんだけど、PloomTECHは結構電池がもつからそんな心配がいらない。

このあたりの理由で新作の電子タバコは多くの方から評価を受けています。

スポンサードリンク