スポンサードリンク

電子タバコの新発売「gloグロー」「プルームテック」は要チェックや!!

新発売の電子タバコ「glo(グロー)」というのを知っていますか。アイコスやプルームテックに続く新発売の電子タバコです。

そんな「glo」の人気のわけや評価が高い理由をアイコスや新発売のプルームテックと比較しながら紹介します。

電子タバコの新発売「glo(グロー)」とは!?

新発売の電子タバコ「glo」とはアイコスやプルームテックに続く新しい加熱式の電子タバコで現在人気が高まっています。

アイコスやプルームテックよりも有害物質を90%以上取り除いてくれる優れものの新発売の電子タバコですね。

使い方はアイコスと変わらず、グローを吸うとなれば本体を購入して、グロー専用のスティックが別に必要になります。

ほとんどアイコスと変わらないスペックに思えますが、グローは一回の充電で約35本分のタバコを吸うことができます。

アイコスは1回吸えば充電が必要になるので大きく進歩した新発売の電子タバコですね。

しかも初期費用であるグローの本体は8,000円とアイコスよりも非常に安く、ネット通販では6,000円で売られていたりします。

 

電子タバコの新発売「glo」のスティックの種類

現在ある新発売の電子タバコ「glo」で吸えるのは3種類のスティックがあり、

  • ブライトタバコ(タバコ)
  • フレッシュミックス(メンソール)
  • インテンスリーフレッシュ(スーパーメンソール)

この3種類が現在新発売のグルーで吸えるものになります。

新発売なので種類はまだ少ないですが、「glo」が普及するにつれて、いろんなスティックタイプが増えていくと思われます。

アイコスでも始めに吸えたのは数種類でそれから少しずつ増えていきましたね。

 

電子タバコの新発売「glo」の特徴

電子タバコの新発売の「glo」が圧倒的にアイコスと違う点は、1回吸ってもアイコスのように何回の充電の必要がないことです。

交換用のヒートスティックも1個でタバコの4~5本分が吸えるため、何回も交換する必要がないのが新発売の電子タバコ「glo」の特徴ですね。

新発売だけにスペックが上がって吸いやすく面倒な作業が要らないのが、利用者にとっては本当に嬉しいです。

電子タバコの新発売の「glo」は使いやすくなりましたが、新発売で吸いやすくなったんですが吸い過ぎには十分に注意が必要ですね。

 

電子タバコの新発売「プルームテック」

電子タバコの新発売の「プルーム・テック」は、本体の充電こそ必要なものの「プルーム・テック専用たばこカプセル」にカートリッジも同梱されており、

1箱分使うごとにカートリッジごと交換してしまうのでクリーニングの必要がないのが嬉しいですね。電子タバコの新発売の中でも故障率はおそらく一番低いです。

新発売の「プルームテック」で特徴的なのはその無臭ぶり。葉を直接加熱させることがないので、「アイコス」ユーザーでもそのニオイのなさには驚くだろくと思います。

非喫煙者の目の前で吸ってもタバコ臭を感じさせない徹底した無臭ぶりは、その他の加熱式タバコと同列線上で語るのもはばかられるほどです。

新発売の「プルーム・テック」こそが未来のタバコに一番近い存在ですね。

吸い終わった後は、プラスチックの小さなパーツがゴミになるだけ。そのままポケットに入れてもニオイは感じません。ただその分、喫味としてはタバコ感は少なくなるので、紙巻きタバコからいきなりの移行は難しいかもしれませんね。

 

電子タバコの新発売と旧タイプの紹介

新発売の電子タバコ「glo」

新発売の1番の新型の電子タバコ「glo」です。先ほどもいろいろと紹介したのでわかりますよね。

新発売の電子タバコの良し悪しを決めるのは実際に吸ってみないと感覚がわかりませんね。

アイコスよりも初期費用が抑えられるのが1番の人気の理由です。

 

新発売ではないが人気の「アイコスiQos」

アイコスの中では新発売の2,4PLUSのタイプで相変わらずの人気ぶりですね。

煙が少なく有害物質の発生を抑えている電子タバコということが話題になり一気に人気電子タバコになりました。

 

電子タバコ「PloomTech」

アイコスほどの人気はありませんが、そこそこ頑張っている「PloomTech」です。

好きな方は好きでアイコス派とこのタイプかでわかれますね。初期費用が安く非常に始めやすい電子タバコです。

 

電子タバコの新発売「glo」のまとめ

どちらのどの電子タバコが良いとははっきりと言うのは難しいことですが、やはり新発売の電子タバコはスペックがパワーアップしています。

実際に使ってみて感覚を確かめるほか方法はありませんね。

しかし電子タバコでは新発売のが出ると試してみたくなる楽しさも十分にありますね。

スポンサードリンク